目の下のたるみを美容整形で解消するリスク

目の下のたるみを美容整形で解消するリスク

目の下のたるみの美容整形手術のリスク

 

目の下のたるみを美容整形で解消するのにもリスクがつきまとうということも考えないとけません。

 

最近はスマホやPC画面の見過ぎによる目元の老化現象は加速の一歩を辿っていますが、老け顔の印象を与えてしまう目の下のたるみの悩みを持つ女性も増えています。

 

そして目の下の悩みを解消する確実な方法として美容整形を受けて、目の下のたるみを解消する女性も増えているといわれていますが、考えておきたいのが美容整形におけるリスクということです。

 

目の下のたるみの手術、というと視界に入ってくるメスのことを考え「なんだか怖い」というイメージを持つ人が多いかもしれません。

 

でも、実際に美容整形により、若々しい素顔を取り戻した女性も沢山いるのも事実だし、あなたの周りにもそういった方々がおられることでしょう。

大切なのは患者自身がきちんと手術の種類や内容について知り、クリニックや解消法を選べるだけの知識を持つこと。
でないと「勧められるままに」手術を選んでしまっては、「こんなはずじゃなかった」ということにもなりかねません。

 

では、次にとある失敗事例を取り上げます。

 

目の下のたるみの美容整形手術3つの失敗事例

目の下のたるみの美容整形手術3つの失敗事例

 

では、これまでにどのような失敗事例があるのか代表的なものを3つご紹介します。

 

失敗事例その1:40代女性

目の下のたるみを解消すべく、脱脂法という方法で手術したが、完全に失敗。脂肪をとりすぎたのか、目全体が落ち窪んでしまい、たるみはなくなったもののシワがひどく影クマも幅広く広がってしまいました。

 

久しぶりに合った知人の目の下のたるみがなくなっていたので、紹介してもらい、私も同じドクターに施術してもらいました。

術後2週間以上経っても目が充血したままで、白目部分がゼリー状になっていました。眼下で診てもらったところ、手術によってまぶたが閉じなくなっていることが原因と言われ、たるみの状態は人によって様々なもの。丁寧なカウンセリングが必要だということ。

 

ちょっとした恐怖心があり、最初はメスを使わない施術を検討していたのですが、目の下のたるみがひどいので、「切開しなければ解消できない」と言われ、切開法にチャレンジ。手術から半年経った今でも、目の下の傷が目立ちます。

 

ミミズ腫れのようにぷっくりと浮いてしまっているので、コンシーラーなどで隠すこともできず、いかにも「整形しました」という感じ。

私の場合は、もともと傷がケロイド状になりやすいのがよくなかったみたいです。
今でも、やっぱりメスを使わない施術にすれば良かったと、鏡をみるたび後悔の日々。

 

失敗事例その2:40代女性

久しぶりに合った知人の目の下のたるみがなくなっていたので、紹介してもらい、私も同じドクターに施術してもらいました。

 

術後2週間以上経っても目が充血したままで、白目部分がゼリー状になっていました。

 

眼下で診てもらったところ、手術によってまぶたが閉じなくなっていることが原因と言われました。

 

同じ手術だから大丈夫だろうと気軽な気持ちで受けてしまった私にも責任がありますが、たるみの状態は人によって違うのだから、カウンセリングでもっと丁寧に診てもらいたかったです。

 

失敗事例その1:50代女性

最初はメスを使わない施術を検討していたのですが、目の下のたるみがひどいので、「切開しなければ解消できない」と言われ、切開法にチャレンジしました。

 

手術から半年経った今でも、目の下の傷が目立ちます。

 

ミミズ腫れのようにぷっくりと浮いてしまっているので、コンシーラーなどで隠すこともできず、いかにも「整形しました」という感じ。

 

私の場合は、もともと傷がケロイド状になりやすいのがよくなかったみたいです。

 

やっぱりメスを使わない施術にすれば良かったと、鏡をみるたび後悔しています。

 

この事例をみてもわかるように、選択する医師や医師とのカウンセリング・コミュニケーション不足による失敗事例が目立つように感じましたね。

 


目の下のたるみ解消の美容整形の施術の種類

代表的なものとしては、瞼の下を切開する手術、ヒアルロン酸などを注入して目の下のたるみを改善する方法があります。

しかし、目の下のたるみを解消する手術は、近年飛躍的に進化を遂げています。

 

従来の瞼の下を切開する手術はもちろんのこと、切らずに目の下のたるみを取る手術も登場し、手術の内容や料金、コースメニューも多彩になってきました。

 

注射による目の下のたるみ治療

目の下のたるみの注射

 

注射による目の下のたるみ治療は、手軽かつ効果も見込めるためももっともポピュラーな方法です。

目の下のたるみの状態や、効果の持続により以下のの治療がよく行われます。

ヒアルロン酸注射による目の下のたるみ治療

ヒアルロン酸は、顔のしわ、もしくはプチ整形に使用される注射です。ヒアルロン酸注射は多くの海外メーカーで多くの種類が販売されており、種類によって効果や持続時間が異なります。

 

オートファイバー(脂肪注入)による目の下のたるみ治療

オートファイバーは脂肪吸引のテクニックを使用し、自分の脂肪を目の下のたるみに注射する方法です。オートファイバーはヒアルロン酸注射と異なり、50%は生着します。生着した脂肪は半永久的に持続することになるという特徴もあります。

 

PRPによる目の下のたるみ治療

PRPは自分の血液を利用する最新の自己再生治療です。血液中に含まれる血小板を濃縮し、目の下に注射することで、多くの成長因子が作られ、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成が増加します。PRPは特に細かいちりめん皺にむいている注射です。

 

レーザーによる目の下のたるみ治療

フォトフェイシャル(IPL治療)によるレーザー治療も目の下のたるみに効果的です。フォトフェイシャル(IPL治療)は特殊な波長の光を顔全体に照射します。この光が皮膚のメラニン、ヘモグロビンに反応ししみ、くすみを取り除くだけでなく、皮膚のコラーゲン再生を促し目の下のたるみをリフトアップします。

 

手術による目の下のたるみ治療

手術による目の下のたるみ取りは、最も効果的な治療法です。目の下のまつ毛に沿って余分な皮膚のたるみを取り除き、膨らみの原因である脂肪も併せて取り除きます。

傷が最も心配ですが、目の下のまつ毛のそばは目立つことがありません。また、長期にわたってたるみ取りの効果が出ますので目の下のたるみ取り手術後のケアも必要ありません。

 

目の下のたるみを切り取る手術

 

一般的にもポピュラーなヒアルロン酸注入のリスク

まず、目の下のたるみを改善するために、ヒアルロン酸などを注射して注入する治療が広く一般的にも知られていますが、これには実はリスクも存在します。

 

例えば、目の下の周辺は、動脈が急性に詰まってしまう、動脈塞栓の危険が大きい場所であることから、ヒアルロン酸を注入することで血管が詰まってしまうというリスクが考えられます。

 

その結果、鼻の皮膚がとけて、皮膚潰瘍が中々治らないので、傷跡として目立ってしまったという症例があります。

 

さらに、ヒアルロン酸の逆行性動脈塞栓によって、脳こうそくや失明などをしたという症例も出ています。

これは最悪の場合としても、その他にも、良く動く部分に注入系の治療を施した後に、表情筋の働きでヒアルロン酸が不自然な場所に移動してしまって、目の下のたるみが逆に目立つようになってしまうこともあるようです。

たるみが強くなってしまったり、かえってそのたるみジワを強調してしまうので、注入治療、つまり整形したんだ、ということがすぐにわかってしまう容貌になってしまうリスクもあります。

まとめ

目の下のたるみは、自分の実年齢よりも上に見せてしまうため、できるだけはやく解消したいもの。美容整形では自分の目の下のたるみの状態に合わせて手術を選ことが大切になります。そのためにもしっかりとカウンセリングをしてくれるクリニック選びが重要です。

 

しかし、費用も時間もかかる分、目の下のたるみ解消に対しての期待値が大きくなるでしょうが、思ったような効果が得られなかったり、逆にリスクになってしまうということも往々にしてありえるということは、理解しておきましょう。

目の下のたるみ改善の新常識!

2017年目の下のたるみ改善美顔器ランキング

今や一家に一台は当たり前!?
家庭用美顔器は目の下のたるみ、ほうれい線などあらゆる加齢たるみを改善するスペシャルケアの新常識です!

無駄に時間とコストがかかる美容エステを家庭でお手軽にケアできる習慣としてものにすれば、いつまでも若々しい素肌を維持できまよ♪

→【2017年最新版】目の下のたるみを取る美顔器ランキングを今すぐチェック!