目の下のたるみに効果的なイオン導入美顔器の使い方と注意点

目の下のたるみに効果的なイオン導入美顔器の使い方と注意点

イオン導入使い方

目の下のたるみについて色々と調べているなかで、最近の美顔器はイオン導入、導出が当たり前のようについているけど、どうやって使うんだろうと思った人も多いと思います。

 

既に、エステサロンに行ったことがある方などはイメージできるかと思いますが、イオン導入に適している成分は水溶性で粒子の細かい成分になるので、イオン導入器では専用のビタミンC誘導体(専用化粧水)を使うのがよいでしょう。

 

化粧水をフェイスマスクや市販のコットンに染みこませて、その上からイオン導入器を押し当てて、美容成分をお肌の奥へと浸透させるのが基本の使い方となります。

 

ただ、今の家庭用美顔器はそうした煩わしさから改良が施され、専用のジェルが付属しているのが当たり前になっています。
かといって、何の知識ももたずにケアし続けるのももったいない話です。

 

ここではせっかくの高性能なイオン導入美顔器を効果的に使い倒す方法ややってはいけない注意点などを紹介していきます。

 

イオン導入は微弱な電波の振動

イオン導入とは弱い電流を使用してお肌の奥へ美肌のための有効成分を浸透させる美容方法の事を言います。

 

その中身は、皮膚にすごく弱い電流を流し、美容成分を肌の深い部分まで効果的に浸透させるという使い方をする美顔器です。

 

お肌の構造上つながっているのに角質層と顆粒層は属性が違います。

 

  • 酸性とアルカリ性
  • プラスイオンとマイナスイオン

 

この2つは真逆の存在ですから、そのせいで角質層と顆粒層の間には薄い電気の膜が張られています。
この膜のせいで普通のスキンケアでは美容成分を肌に送り込んでも真皮の奥までは届いてくれないのです。

 

しかし、イオン導入器はここへ微弱な電波を流します。
そのおかげで角質層と顆粒層が共に中性に傾き2つの層を遮断している電気の膜の力が弱まります。
これによりお肌の奥へ美容成分を浸透させてくれるようになります。

 

イオン導入仕組み

 

微弱な電流によって肌の真皮層にまで導入され浸透したビタミンC誘導体などの美容成分のおかげで、老化の原因とも言われる活性酸素を除去するエイジングケアの効果もあるため、美肌のためにぜひ取り入れたい成分です。

 

ターンオーバーとは?

ターンオーバー
肌は定期的に生まれ変わることで若々しさを保つ
肌は表皮のターンオーバーによって定期的に生まれ変わることで、若々しさを維持しています。
基底層では表皮細胞が生み出され、角化して剥がれ落ちるまでの期間は20代の女性で約28日間と言われています。

 

ところが加齢によりこの速度が遅くなり、40代では約40日かかるようになると言われています。

 

ターンオーバーの速度が落ちると表皮が薄くなる一方で角質細胞がたまり、角質層が厚くなっていきます。
そして死んだ細胞の層が厚くなるわけですから、肌は硬くなりくすんで見えるようになります。また肌の再生が遅くなるためにシミが残り、ニキビなどが出来ても治りにくくなるのです。。

 

イオン導入器の使用に関しての注意点

美容成分を浸透させて、肌にさまざまな効果をもたらしてくれるイオン導入器ですが、どのような成分でも浸透させられるわけではありません。
逆に浸透させるべきでない成分も浸透させてしまうこともしばしば、使用に際して注意点も当然あるのでしっかりと理解しておきましょう。

 

浸透しない成分もある

イオン導入の際に、一般的に用いられるのはビタミンC誘導体、プラセンタ、トラネキサム酸、アミノ酸など粒子の細かな成分です。

 

これらを肌の悩みに応じて単体またはブレンドして導入していきます。しかしコラーゲンやヒアルロン酸などは粒子が大きいため、イオン導入器でのケアには不向きです。
また防腐剤や香料など肌に負担をかける成分は、避けるのが鉄則です。
また、イオン化できない成分もイオン導入器には向いていません

 

イオン導入ではローションの中に溶け込んでいる様々な成分が、肌の奥に入ります。それはすなわち、同じ化粧水に含まれる肌に必要のない成分、刺激となる可能性のある成分さえも浸透させてしまう可能性があるということです。
例えば、代表的な防腐剤のパラベンが配合されていた場合、それがイオン化すると、肌の深部へ浸透するおそれがあります。

 

このように、防腐剤などをはじめとする肌に不要な成分は、配合していないことが最大のポイントです。
そのため、イオン導入化粧水は、使用期限が短く限られていたり、冷蔵庫で低温保管するなどの必要がある、デリケートな化粧品でもあります。

 

コットンシートやフェイスマスクを使用する

イオン導入器の基本的な使い方は、ビタミンC誘導体やプラセンタなどの美容液をコットンにたっぷりと着けて肌に置いた後、イオン導入器を当てて成分を深部までじっくりと浸透させていきます。

 

この時に注意することが過度な刺激をさけること。あまりに力の加減が悪いと肌へ負担がかかり、トラブルを引き起こす原因になります。

 

さらに、微弱とはいえ肌に電気を流すわけですから、妊娠・授乳中の方やペースメーカーなどの機械・金属類が体内にある方はドクターに相談してください。

 

今巷で売れてる人気美顔器にはこうした化粧水などではなく、通電性とお肌への滑りを重視した専用のジェルが付属されています。
このジェルの中にはビタミンCを始め、イオン導入に適した水溶性の美容成分が豊富に含まれているオールインワンタイプのものが主流です。

 

防腐剤や添加物も基本入っていないので、安心して使える一方で、価格もそれなりのものが多いのがデメリット。
美顔器選びの際にはこうした専用ジェルも自分の欲しい効果や悩みに適したものを選びぬく必要があります。

イオン導入仕組み

 

まとめ:使い方を間違えると逆効果になることも

慣れないうちは付属の説明書の注意点を守り、守られた使用方法を実践すれば、確かな効果を得られることは間違いありません。

 

気をつけたいのは、優れた美肌効果があるとは言っても、電流を流すのであまり使い過ぎると刺激が強くなりすぎて肌荒れを起こす可能性もあります。
コットンを付けずに直接肌にイオン導入器をあてるなどの使い方は絶対NGです。

 

美容液は油分が含まれているものや粘度の高すぎるものも電気を通しにくいため、思ったような効果が得られない可能性があります。
なので、専用の付属のものを使用しない場合には使用前に確認する必要あるでしょう。


目の下のたるみ改善の新常識!

2017年目の下のたるみ改善美顔器ランキング

今や一家に一台は当たり前!?
家庭用美顔器は目の下のたるみ、ほうれい線などあらゆる加齢たるみを改善するスペシャルケアの新常識です!

無駄に時間とコストがかかる美容エステを家庭でお手軽にケアできる習慣としてものにすれば、いつまでも若々しい素肌を維持できまよ♪

→【2017年最新版】目の下のたるみを取る美顔器ランキングを今すぐチェック!